2008年12月18日 (木)

およそ7年ぶり

およそ7年ぶりくらいにスノーボードをやった。しかもたぶんこれが人生で2回目。

初めてやった時にいきなり大怪我してそれから、雪山から長いこと遠ざかってた気がする。めちゃくちゃ久しぶりだったけど、3時間ほど滑ってたら、結構滑れるようになってきた。ただどうしても体重移動しすぎて、エッジがかかりすぎて転んでしまう。

しかもここは北海道じゃないんで、雪質が堅い!もう転びすぎて手とか膝とかお尻がアザだらけで、痛い・・・。

まあ最初みたいに靭帯やっちまうてことはなかったんでいいだろう。

それよりもガンバ!面白すぎ!思わず叫んだ!ここ最近で一番面白かった純粋に。

| | コメント (48) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

すごい選手

12月になり、ずいぶん寒くなってきました。昨日のK-1決勝戦も異常に寒かったですけど・・・、準決勝までは面白かったのに。

K-1も、もうそろそろルール上しっかりやらないとだめでしょ!普通なら大激怒だろ会場まで行ったお客さんは。決勝でこれは無いだろ。

と、フラストレーションが溜まるK-1でしたが、格闘技でひっそりと(いや世界的にはまったくひっそりじゃないんですが!)とんでもないことをやってのけた選手がまた一人。

アメリカ、ラスベガスでボクシングのウェルター級のゴールドカードが発表された。今や現役でありながら、ドン・キングに代わって世界のプロモーターになってしまった「ゴールデンボーイ」こと5階級制覇のスーパースター、オスカー・デラホーヤ対今アメリカで一番有名かもしれないアジアのスポーツ選手、数々の伝説的名選手を破って来た、マニー・パッキャオ。

大方の予想ではデラホーヤがまず勝つだろうと、なぜかというとパッキャオは確かに最近ライト級まで上げましたが、そもそも最初はフライ級でした・・・・、内藤とか亀田と同じ階級ですよ!あまりにも体格が違い過ぎる。パワー負けしてやられるだろうと・・・、俺もそう思っていたよ。

しかしパッキャオはデラホーヤをスピードで圧倒し、8回TKO勝利した!ありえねぇ・・・・。

確かにデラホーヤは悪かった、非常に。まったく動けてなかったよ、しかし9階級って!?

むしろもっと見て見たいよ、他の選手との対戦が。最終的にはメイウェザー対パッキャオが!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

世界クラブ選手権

おお!あっさりと浦和レッズがセパハンに勝った!もっと苦戦するかと思っていたんだけどな、ポンテも怪我で長期離脱だったし。

でもあれだな、自国のチームなのに豊田スタジアムは満員じゃなかったなぁ、埼玉でやれ埼玉で!あの雰囲気は埼玉スタジアムじゃないと出ないよ。と言うかいい加減国立とかを、なんで使うんだろう?普通に埼玉スタジアムとかでやった方が良いだろ?鹿島スタジアムとか。誰がどう考えたって、セパハンVSワイタケレなんて全然客入らないんだから、フクアリとか2万規模ぐらいのスタジアムでいくないか?でかいスタジアムがガラガラなのはかなり見栄えがよくない。やっぱ小さくてもサッカー専用だなぁ。

11月末にpapu宅に遊びに行ったときもなんかスタジアムについてちょっと話をしたなぁ。しかし実に大学卒業以来ぶりに同級生と会った、kazutakoにも会えたし懐かしい。キムチ鍋も懐かしい、うまかったね~、すぐ近くに火山もあるしww夢の国だな。いやほんと前に住んでたところからほんと近くだったwあんなに近いとはねぇ~、失敗だったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

日本VSサウジアラビア

今見終わった・・・・・、おいおいおいここで負けちゃだめだろ!なにがショックってこれでコンフェデレーションズカップに出れないというのがショックだ。

今のアジアカップ、確かにアジアNo1を決めることより、コンフェデレーションズカップに出れるか出れないかの方が重要になってないか。しかしこれで次に韓国に勝とうが負けようが、コンフェデには出場できない・・・。あ~残念だ。しかしサウジのFWがまさかあれほどの選手とはね、ほとんど一人にやられたって感じだな。今日は日本のDFがあまりにもひど過ぎた、点を決めたのもそのDFだけど。シュート意識も弱かったなぁ、なんでそこできれいにワンツー狙うかな?無理だろ、打てよ中村!っと何度思ったか。やっぱ攻撃的なMFのどちらかにドリブラータイプのガンガン仕掛けるタイプの選手が欲しいところだよ。今大会今のところあまり良い位置からのFKが無かった、突っかけないから、サイドからのFKばかり。もっと1試合に一回くらいはゴール正面の近い位置でのFKがないと。

ただやってることは間違ってないでしょ、サイドの突破の出来る選手が現れれば、松井や田中達とかが入ってくれば化けるような気がするチームのような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

泣いたよ

意地を見た。

オシムは「一年前のことをショックと思っていることが、ショックだ」って言っていたけど、少なくとも俺の中での日本代表はやっぱり、あのワールドカップから止まっていた。そして今日の勝利でついに1歩進むことが出来たなって思ったよ。震えたよ、あの時悔しい思いをした特に川口、中澤、高原ががんばってくれた、男の意地を見た。ほんとに久しぶりに震えた、同点ゴールに叫んだ。フランスワールドカップ最終予選の緊張感が久しぶりにあった試合だった。

確かに今回は気候面やスタジアムとか色々日本が有利な点があったかもしれないけど、試合内容も終始日本がキープしてたし、DFもよく踏ん張った。PK戦まで行ったのは、U-20ワールドカップでの嫌な記憶があったから、結構嫌だったんだけど、正直川口を舐めていた、とんでもねえは、奴は。(笑)

なにはともあれほんとにおめでとう!そしてありがとう日本代表!これで素直にこれからの試合見ることができる。もう優勝しろ!

あ、新しい車が納車しました、いや~すげえ良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

サッカー漬け

最近サッカーの放送が多くてうれしい。U-20ワールドカップとアジアカップが立て続けにあると飽きない。U-20日本代表は不完全燃焼だったろうなぁ、ほとんど勝っていた試合だったのに・・・・、PK戦に縺れ込んだ時点で嫌な感じはしていたんだけど。なんというか、明るくて、頼もしいチームだったな、今回の代表は。おそらくそのまま何人かは、オリンピック代表に選ばれるだろうね。

アジアカップはようやくUAE戦で、すっきりする試合ができたわけで、というか高原がすごい!やっぱりドイツでシーズン通して活躍できたことがほんとに自信になってるんだろうね、ちょっと格が違うなと感じてる。ほんとに歴代日本代表最強FWになったなこりゃ。

でも、この東南アジアの高温多湿な環境、余程過酷なんだろうね。おそらく一番影響を受けているチームはオーストラリアだな。現在1分1敗、全勝優勝するどころか、1勝もできないで終わるかも。まあオーストラリアはアジアを舐め過ぎたんでしょ、まったくバテバテで走れてないし、でも最終戦勝ったら決勝トーナメント出れる可能性あるようだし、まだわからないけど。

次はベトナムなんだけど、ホームって恐ろしい。地力は日本の方が当然上だけど、ベトナムはまさかの2位だからね、しかもガンガン前に出てきそうだから、面白い試合になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

チャンピオンズリーグ開幕

いよいよ、今シーズンのチャンピオンズリーグ(以下CL)が開幕した。今年のCLは久しぶりに日本人選手が出場するということで、いつも以上にワクワクしています。で、早速今日の試合、バルサの試合などあったけど、稲本のガラタサライの試合を見てみた。ガラタサライはトルコの名門チーム、毎年のようにCLには出ていたけど、最近はフェネルバフチェやベシュクタシュに押され気味の感じのようだ。予備予選を勝ち上がり本選に出場してきて、8月の移籍市場ギリギリで稲本が移籍してきた。正直プレミア2部に落ちてもほとんど使われなかった稲本が、ガラタサライでやれるのか?と思ったけど、どうやら監督主導で獲得したようなので、かなり気に入られているように思えるし、実際高い評価を受けていた。いきなりスタメン出場、しかもフル出場だった、期待の大きさが感じられたね。試合の方はというと、う~んこりゃだめだ・・。シュートは10本と相手のボルドーの倍だったけど、枠内シュートが0・・・、これじゃ勝てない。まんまとアウェイのボルドーのゲームプランにはまってしまったといった印象だったなぁ。稲本自身は、めずらしく守備に重点というより、守備しかしていなかった感じがする。遠目から積極的にシュートは狙ってたけど、まだ積極的な攻撃はできていなかった。終了間際に惜しいチャンスを作っていたけど。まあ、まだまだチームに入ったばかりだから、コンビネーションは仕方ない。でもそれが合ってきたら、まずまず良いように感じるね、トルコリーグは合っているのかもしれない。

バルサの試合も見てみたけど、相手が弱いのもあるけど、相変わらず強い。エトーがすごいねキレキレだった。今が年齢的にもすべての面でピークかもしれない、それほどまでに良い出来だった。こりゃ今シーズンもなかなか止められないね、恐ろしいスピード、テクニック、シュート力、そして縦横無尽のスタミナからの惜しみないフリーランニング、まいったねこりゃ。エトーがいるからガウショも生きるんだろうな。

明日は中村俊輔のセルティックがマンUとオールドトラフォードで激突。普通に考えたらそりゃマンUだけど、セルティックもハートソンはいなくなったけど、グラベセンとかヘッセリンクとか良い補強してるんだよね~、結構楽しみではあります。それでは!

| | コメント (62) | トラックバック (1)

2006年9月 3日 (日)

世界バスケットボール選手権

結構ブログをさぼってました、気がつけば9月か・・・・。

WBCがあり、次にワールドカップがあって、その次にこの世界バスケがあって、スカパーで無料放送で全試合放送していたので、ちょくちょく見ていました。日本は予選で早々と敗退、なんでも開催国じゃ最低らしい・・・、そしてどうも詳しくは知らないですけど、日本バスケットボール協会?の迷走も始まってるらしい(笑)。敗退直後、田伏がいたら勝てたとか、協会の人間が言っちゃだめでしょ。まあいたとしても、そう上手くはいかないだろうよ、別にNBAを経験って言っても、そのNBAオールスターのようなアメリカを倒して、決勝に進んだギリシャはほとんど自国やヨーロッパのリーグで活躍している選手らしいし、もはやバスケも名前だけじゃ勝てない時代に突入している。昔はほんとにアメリカとその他大勢って感じだったけど、今じゃほんと普通に勝てないね。1回くらいはまあ~奇跡みたいな感じでありえることだけど、こう2回も3回も続くと、世界トップのレベル差は確実に縮んでいるね。準決勝は2試合とも面白かった、アメリカも意地を見せたし、アルゼンチンVSスペインは最後の1秒まで勝負がわからなかった。特にギリシャのシャックみたいな、、めっちゃごつい奴、すげえ。アメリカ相手にゴール下で圧倒してる・・・、なんじゃあの体は、ボブサップをさらに15センチ以上大きくしたような感じだったぞ(笑)。

バスケットはただ見ているだけだったら普通に見れるけど、解説しろって言われたら、すごい難解なスポーツだなぁ。あの狭いコートの中、ディフェンスの仕方やらなにやら、めちゃくちゃ戦術がたくさんある、だからタイムアウトとかあるんだろうけど。試合終盤、時計がなかなか進まなかったりするから結構イライラする。サッカーや野球の解説者よりバスケの解説者の方が余程難しいだろうなと感じた、展開も早いしね。

ほんとにアメリカは球技でなかなか勝てなくなって来たね、野球に続いて、バスケまで勝てなくなるとは。アイスホッケーもロシアとかチェコ、カナダとかの方が強いし、残りはアメフトしかないだろ!(笑)でもなぜか過去2回開催された世界選手権、優勝国は日本だったりする・・・、これはなぜだろう?結構強いのか日本は!?ちょっと調べてみたけど、出場国が5~6カ国しかない・・・、これで世界選手権と言えるのだろうか?よくわからんぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

今日イエメン戦

いよいよ、アジアカップ予選が再開し、本日イエメン戦が行われる。ちょっと自分の記憶じゃ、日本代表がイエメンと試合をしたのを見たことがない。だからイエメンが一体どんなチームなのかよくわからない、不気味だ。最近中東の中堅国、バーレーンやオマーンとかが力をつけて来ているので侮れない。選手のインタビューを聞く限り、FW、MFの個人技のレベルが高く、カウンターやドリブルで仕掛けてくる感じか?バーレーンと似たようなチームのような感じがする。

今回は新たにジェフとガンバの選手が招集された、大体予想通り。ガンバで招集されるのは今回は加地と遠藤だけだなとは思っていた、ジェフは山岸や坂本も選ばれるかなと思ったけど、巻、阿部は当然として、羽生と佐藤勇人だったか。これで初の双子代表誕生かぁ、各カテゴリーの代表見ていたら、森崎兄弟が初めてなるんじゃないかと思ってたけど、見事に消えてきている。しかし鹿島は完璧に無視されてたなぁ、ジーコの時はあんなにいたのにね。まぁ今の代表に柳沢も小笠原も要らないわな、可能性あるとしたら、本山と深井、岩政と将来性見込んで内田くらいか、田中がいるから深井はないけど。

オシムがよく試合に負けるのも成長するために必要とか、試合内容の方が結果より大事とか、最近のサッカーは結果を重視しすぎて、芸術性や創造性がなくなってきているて言ってるのを聞いたり、実際のオシムのサッカーを見ていると、究極的に目指しているのサッカーはクライフサッカーだなと感じている。それが日本サッカーで出来るとは思えないけど、日本なりのあの竜巻のようなサッカーを見て見たい。

| | コメント (98) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

オシムジャパン初陣

えっ!?・・・・ちょっと待て、待て待て。1週間ほどの練習のオシムジャパンの方が、4年間のジーコジャパンより強く感じるんですけど!(笑)。すでに完成度で上を行ってないか?連動性とか組織作りとか(笑)。あの4年間はなんだったんだろう・・・、そしてサントスはサイドハーフでなら確実にできる!と確信した。まあ相手も相手だったけど、ちょっとプレスをきつくさせ、ほんとに普通のサッカーをしてたら、普通にやれるじゃん。恐るべしオシム、てかトイレに行くし(笑)。後は次の試合でFWが点取ることだよ、放っておいても寿人が取ると思うけど、詰めるの早すぎ、忍者かあいつは。浦和中心のDFは安定していた、闘莉王は普通にいいね、高さもあるし、フィードもうまいし。啓太もよかったなぁ、今野とのダブルボランチにしたら、そりゃ恐ろしい守備しそうなんだけど。山瀬も、病み上がりのくせに持ち味だしてたなぁ。大体のダイレクトプレーの場面は山瀬経由で、シンプルにそしてパスのあとはゴール前に飛び出す持ち味が出ていたね。我那覇はちょっと堅かったな、田中達のシュートもブロックしちゃうし(笑)。小林大吾も「おっ!」と思わせるプレーもあったけど、まだまだ出し切れていなかった。後は大体みんなそこそこよかった、MVPは文句なくサントスで決まりだよ。

いやしかし、ここまで違うものなのか?明日のスポナビとかスポーツ紙が楽しみなんだけど、前任者との比較が。すごい新鮮な気分で久しぶりに日本代表の試合を見れた気がする、中田ヒデのなんてことないパスミスがないだけでも全然違うなぁ、やっぱガンだったなと感じたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)