« 帰省 | トップページ | 伝説のレース »

2008年11月 7日 (金)

レッド・クリフ 赤壁の戦い

ついに三国志に手を出してしまったね中国映画!英雄とかグリーンディスティニーとか大作が出来ているから、いつか出ると思ったけどようやく三国志を題材にしたものが出来たかぁ。

とりあえずpart2があるんで、映画として面白いかどうか?ってのは置いといて(自分的にはぶっちゃっけ好きだが)とりあえず、孔明、周喩、趙雲、関羽、張飛、甘寧は格好よすぎ(笑)リアル三国無双状態で、一騎当千の働きをします。特に趙雲が劉備の子供を担ぎながら敵陣突っ込んで行くところなんて・・・(劉禅なんかより趙雲お前の方が何倍も蜀にとって大事だ!)

関羽と張飛なんて無敵すぎて、まったく戦死する気がしねぇ~。張飛に至っては、素手でバッタバッタと敵をねじ伏せる。甘寧は中村獅童がまあ中村獅童って感じなんだけど、甘寧の雰囲気にあってると思う、乱暴者的な感じが。最初は特別出演くらいの役どころだったようだけど、ジョン・ウーに気に入られたようで、結構おいしい役になってた。

劉備と曹操はどちらもなんかおっちゃんで、ほんと人の良いおっちゃんが劉備で、ただのスケベオヤジみたいのが曹操って感じがするんだけど、曹操はもっと威厳があるイメージなんだけど。

さて次のpart2はいよいよ水軍対決!苦肉の策やらなにやら、色々見所はあると思うんだけど、どうなるのか?楽しみだ。

|

« 帰省 | トップページ | 伝説のレース »

コメント

この映画では、甘寧ではなく甘興です。

レッドクリフのサイトによると、架空の人物ってことになっているけど、もともと甘寧の字は興覇だから、あながち架空でもないような気がするのは俺だけだろうか…。

ちなみにpart1って、どのあたりまでやるの?そもそも、二部作とかにする意味がわからん。

今のところ、この映画を見に行く予定はありません。レッドクリフよりXファイルが気になるところ…

投稿: papu | 2008年11月 8日 (土) 09時15分

甘興ってのは知ってるけど、まあこの際甘寧と言うことにした(笑)。
どうも最初はほんとに甘寧役だったんだけど、ちょい役だったのが演技が気に入られて!?か、段々出演時間が長くなって、甘寧から離れてきてしまったようで、オリジナルの甘興ってキャラになったらしいよ。

投稿: やっつあん | 2008年11月 8日 (土) 23時10分

おっと失礼。
2部作なのは、ほんとは1部作なのに長くなってしまっただけらしい・・・。

part1は赤壁に魏の大水軍が押し寄せて、それを囮に陸で騎馬隊で奇襲仕掛けるのを、周喩が見破って、八卦陣?(なんか迷路みたいな陣形)で返り討ちにして終わり。まあほんとにプロローグ的な感じだね。

投稿: やっつあん | 2008年11月 8日 (土) 23時24分

まぁー、おそらく甘寧をあえて甘興にしらんだろうと。なんでそんなことをわざわざしたのかと考えると、part2で死ぬんじゃないかな?と。

そうすると、史実とずれることになるから名前をかえたのかな?と、思うわけです。

Xファイル見に行かないの?

投稿: papu | 2008年11月11日 (火) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121751/25119648

この記事へのトラックバック一覧です: レッド・クリフ 赤壁の戦い:

« 帰省 | トップページ | 伝説のレース »