« 日本代表追加招集 | トップページ | A3最終戦 »

2006年8月 8日 (火)

U-21中国戦

暑いよ、最近3日ほど続けて30℃以上か・・・・、だまってても汗が吹き出る。時計台の近くで、水道管が破裂してでかい噴水みたいになってたようだけど、あの映像みたらすごい涼しそうだった(笑)。

それでだ、この勝利は結構大きいんじゃないかぃ?代表として1週間くらいしかまだ練習していなく、完全アウェーの状態、若年層の強化に力を入れて、ワールドユースなどでも結果を出している、しかもオリンピック開催国の中国が相手で。あまりにも上手く行き過ぎたゲームプランに今後の危うさを感じてしまうくらい、良すぎた試合展開だった。前半体格を活かしてサイドから積極的に仕掛けてくる中国、しかし日本はDFは最後のところで集中し、ことごとく弾き返す。でも前半終了時でのシュート数は日本1本に対し、中国8本と圧倒される。けど、なぜだかやられる感じはあまりなかった。中国はA代表もそうだけど、高さがあって、そこそこ早いんだけど、まったく一本調子で同じ攻めを続けてくる。型にはまってしまったら、かなり脅威になるんだけど、ある程度慣れてしまったら、なんか対応できる攻めに見えるんだよなぁ。案の定後半攻め疲れした中国の足が止まって、あっさりと点を入れることができてた。3~4-0くらいで勝っててもおかしくない感じではあった。

中国は若い時は強いのに、A代表になるとそれほどまででないのはなぜだろう?あまり伸びしろがないのかなぁ?日本の今回のU-21は将来よくなりそうな選手が結構いそうだ。点を入れた本田なんて、点の取れるボランチとして福西を越えそうなんだけどな。今日はDFが良かったね、増嶋はなんか宮本臭がしてたので、どうかなと思っていたんだけど、あの位置であれくらいだとまずまずだ。それよりも伊野波が非常に良い選手でびっくり。読みもすばらしかった。GKの西川周作も安定していて安心して見れた。そろそろGKも世代交代の時期かも。まあGKは30後半でもやれるポジションだから、そう焦ることもないか。非常に楽しみなチームとなると感じることが出来た試合だったよ、これから更に平山や下の世代と融合していくのを考えると。

|

« 日本代表追加招集 | トップページ | A3最終戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121751/2977569

この記事へのトラックバック一覧です: U-21中国戦:

« 日本代表追加招集 | トップページ | A3最終戦 »