« 各代表チーム監督 | トップページ | まさかのブラジル敗退 »

2006年7月 1日 (土)

ベスト8!

アルゼンティーナが消えてしまった・・・、ホームの力はやっぱすげえなと思いました。まさかのアボンダンシェリの負傷退場、日本も坪井の怪我など不測の事態で大きく試合の戦略を崩すことになってしまった、嫌な予感がした。結果的にペケルマン監督が絶大に信頼しているリケルメを外し、早い時間で守備を固めてしまったのが敗退の原因になってしまった。ただその後も決してチャンスが無かったわけじゃなかったが。今回の大会は守備固めの選手交代はあまりうまく行っているチームはいないように感じる、日本や今回のアルゼンチンのように。やっぱ引いてしまって、パワープレーで押し込まれるのは厳しいな~、集中力がいつか切れる。それとレーマン!これで、もうカーンとの色々で批判されることは無いだろうな、この先とんでもないミスをしない限り。

イタリアVSウクライナは3-0、でもそこまでの差があったかな?とも思う、かなりヒヤヒヤものの危険なシーンもあった、でもイタリアの追加点はそんな決定的ピンチのあとわずかの時間に決めているのは、見事としか言いようがないです。危ないがきっちり無失点に抑えることにカテナチオを感じた。

さて今日はイングランドVSポルトガルとブラジルVSフランス、注目は新旧スーパースターの最後の対決のブラジルVSフランスだ。ロナウジーニョは良いアシストをしているけど、未だ無得点、マラドーナを超えるのならジダンに引導を渡さなくてちゃいけない!このままじゃ、マラドーナどころか、やっぱりジダンの方がすごいよね!になってしまうぞ!!

|

« 各代表チーム監督 | トップページ | まさかのブラジル敗退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121751/2459647

この記事へのトラックバック一覧です: ベスト8!:

« 各代表チーム監督 | トップページ | まさかのブラジル敗退 »