« カルチョは汚れた | トップページ | 情熱大陸でオシム特集 »

2006年7月23日 (日)

6人目の世界チャンピオン

TBSは亀田亀田と言っているが、ほんとにすごいのはこういう選手。今日デビュー8戦目にしてスーパーフライ級で名城選手が、5度目の防衛戦を迎えるチャンピオン、カスティーリョを10回TKOで破り、新チャンピオンとなった。試合はこの後3時半くらいから放送してくれるようで、じっくり見ることにする。でも、なぜ辰吉と同じ日本最短タイのデビュー8戦目での世界挑戦の選手が、これほどまでにテレビの注目度が低いのか不思議でならない。こんな選手こそ評価すべきであって、逃げに逃げまくって、1階級下げてチャンピオンとも戦わない選手がテレビで評価されるのはおかしいと思ってしまう。

いや、間違いなく勝ってチャンピオンになるとは思うよ、間違いなく素質もあるだろうし、でもそのベルトに価値はあるのか?ほんとうだったら、散々挑発しまくったボンサクレックとかと戦うべきじゃないのか?その方が素直に応援できるぞ。もったいない・・・・。

|

« カルチョは汚れた | トップページ | 情熱大陸でオシム特集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121751/2764907

この記事へのトラックバック一覧です: 6人目の世界チャンピオン:

« カルチョは汚れた | トップページ | 情熱大陸でオシム特集 »