トップページ | 今日から決勝トーナメント »

2006年6月24日 (土)

ブラジル戦

ちょっと以前使っていたブログのデザインが、いまいち気に入らなかったので気分転換に変えてみました、どうもよろしく。

いや~、まさにレベルの差を思い知らされる試合だったブラジル対日本戦、まさかの日本先制で誰もがまさかの奇跡を期待したはず、同時刻開始のクロアチア対オーストラリアは1-0でクロアチアがリードという、願ってもない展開!でも、そんなにワールドカップは甘いもんじゃなかった・・・。この試合は前半ロスタイムに同点にされたことが全てだった、日本にブラジルに3点取る力は無かった。もはや後半は見ての通り、ブラジルのシュート練習となっていたよ、それも恐ろしいほどの精度でミドルレンジから次々と打ち込まれる。3点目を決められてからは、完璧に流された・・・・キーパーまで交代させられる屈辱、試合後「残念です・・。」としか言うことが出来ない中村は、ほとんど何もさせてくれなかった実力差に悔しかっただろうなぁ。

しかし、これほど見事にやられたのは経験と言う意味では非常に良い経験になったのではないかなと思う。ここから立ち上がればまた強くなれるような気がする、あのポルトガルだって、一体何十年ぶりに決勝トーナメントに進むことが出来たんだろう?韓国はアウェイでは何度も出場してるけど今大会で初めて勝利した、やっぱ簡単じゃないんだなワールドカップは。

ここで、一度日本のゴールデンエイジは終わったかな?次のワールドカップの時には何人かはいると思うけど、年齢的にほとんど厳しくなるんで1つの時代が終焉したように思う。まあこれで、ジーコジャパンは終わったわけだが、このほとんど世代交代をさせなかったチームは、大きなツケを払うことになるだろうよ、世代交代がうまくいかなかったチームは、8年間くらいは苦しむことになるから、谷間の世代と言われたアテネ組やオランダWY組の奮起を期待したいな。

|

トップページ | 今日から決勝トーナメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121751/2351975

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル戦:

トップページ | 今日から決勝トーナメント »