« 決勝トーナメント(4) | トップページ | 映画 »

2006年6月28日 (水)

決勝トーナメント(5)

ついに予想が外れてしまったか・・・、残念。ブラジルもフランスも強かったな~、効率的に攻めて、確実に点を奪っていた。ブラジルVSガーナでは身体能力の壁を感じた。たしかにガーナの身体能力はすごい!ブラジル相手でも1対1の勝負では勝つこともしばしば、でもゴール前でのクオリティでは両チームにかなり差があったように見えた。予選グループの試合でもガーナはシュートはバンバン打っていくけど、その精度はいまいちだったことが、そのまま試合に出てしまったという内容だったなぁ。決めれそうなシーンは結構あったけど、結局1点も取れなかったのが痛かった。まあそうじゃなけもブラジルはあと4点くらい取れそうな感じだったし、完勝だな。

フランスはまさに老獪という感じか?ジョージ・フォアマンの「老いは恥ではない」って言葉を思い出した。スペインは良かったよ、パスワークや試合の支配力とかは、でもこの試合はそれだけだった・・・、ポゼッションがどれだけよくても試合には勝てないってことだなってのがよくわかる試合だった。もっとホアキンに1対1の局面をたくさん作っておけばチャンスがあったのに、それ以外怖さがなかった。フランスには試合を決めるスーパーな選手がいたけど、スペインはいないかたってことか。でも歴史って繰り返すんだね、ほんとにスペインはワールドカップの予選では圧倒的に勝ててもトーナメントで勝てねぇ~、自国開催じゃないと上にいけないわ、これ。ジダンってほんとにキープ力がハンパじゃない!この試合ジダンがキープしてボールを取られるシーンがあったか?ほとんどないよ、ほんとにすごいな、きっちり最後も決めるし、これで引退が1試合延びた。次はブラジル、フランスワールドカップの決勝の再現なるか!?楽しみです。

|

« 決勝トーナメント(4) | トップページ | 映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121751/2415458

この記事へのトラックバック一覧です: 決勝トーナメント(5):

« 決勝トーナメント(4) | トップページ | 映画 »