« 決勝トーナメント(2) | トップページ | 決勝トーナメント(4) »

2006年6月26日 (月)

決勝トーナメント(3)

競馬の予想は外れるが、こっちの予想は当ってしまった。イングランドは、なんとかなんとか勝ったけど、相変わらずこんな豪華メンバーなのに、グデグデの試合だったなぁ。そこでもきっちり勝ってしまうことがすごいんだろうけど。一方ポルトガルVSオランダは面白い試合だった。でも審判ひどすぎ、一体何枚カード出してるんだよ!合計4人も退場するなんて前代未聞だぞ・・・。オランダの自滅って感じだな、両チームの選手が痛んで、ポルトガルが仕方なく大チャンスだったのに試合を止めた後に、オランダがポルトガルにボールを返さないでドリブルで攻めてきた時はあきれたよ。その後は見ての通り荒れに荒れまくった、審判がこんな時はうまくコントロールしないとダメだよ。ポルトガルは勝つには勝ったが、これで手痛いダメージを受けたと思うな、次の試合デコ、コスティーニャが出場停止、しかもC・ロナウドが怪我で途中交代・・・、次までに治るくらいの怪我であってほしいが。おもいっきり柱となる2人の選手が出れない、もしくは出れないかもしれないのは正直厳しい、ここまでか?

それで今日の試合は日本に勝ったオーストラリアVSイタリア、スイスVSウクライナか、これは昨日の試合より予想が難しいぞ(笑)。地力はイタリア、でもオーストラリアには勢いがある。ウクライナもスイスもどちらも勢いがある。でもまあ、オーストラリアとイタリアはネドベドの魂が乗り移っている気がするイタリアかな?実際の強いし、インザーギも調子出てきたし。スイスVSウクライナは予想が出来ない!わからない・・・、スイスは守備が堅くビックネームはいないけど若くてよく走る、攻撃力はウクライナの方が高そうだ。ここはまあ、スイスの守備の要ゼンデロス不在がどれだけ響くかだなぁ、ゼンデロスがいないのはかなり痛いはずだ。ということでここはウクライナの勝利を予想しておく。

|

« 決勝トーナメント(2) | トップページ | 決勝トーナメント(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121751/2387917

この記事へのトラックバック一覧です: 決勝トーナメント(3):

« 決勝トーナメント(2) | トップページ | 決勝トーナメント(4) »